2012年11月28日

五十肩の原因とは

五十肩になる原因は、まだ医学的にはっきりとわかっていません。

つまり、現代医学の検査によって、特定の原因がはっきり分からないが、肩が痛く、運動制限があるものを五十肩と呼んでいます。

老化が原因で関節や周囲組織が炎症・拘縮を起こす。

五十肩では関節包に炎症が生じますが、炎症の有無や程度は画像検査では分かりません。
ラベル:原因
posted by ヨシト at 23:15| Comment(0) | 五十肩の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十肩の症状について

最初、肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲の制限が起こる。

次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになる。

痛みのために、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こる。

生活にも支障をきたすようになり、軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていない。

痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合とがある。

痛みのピーク時には肩の痛みに加えて、腕全体にだるさや痺れがあることも。

常に腕をさすっていないと我慢できない、と訴える患者もいる。

初期の症状が始まってからピークを迎えるまで数ヶ月を要し、ピークは数週間続き次第に和らいでくる。

痛みのレベルにもよるが、鋭い痛みが感じられなくなるまでに半年前後、さらにボールなど物を投げられるようになるまでには1年前後かかる。

腕の可動範囲を発症前の状態までに戻せるかどうかは、痛みが緩和した後のリハビリ次第だが、多くの場合発症前の状態には戻りにくい。
ソース元 ウィキペディア
ラベル:症状
posted by ヨシト at 02:06| Comment(0) | 五十肩の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十肩とは

肩の痛みと運動制限をきたす疾患。
四十肩とも。
従来は腱板損傷や石灰性腱炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。
肩に疼痛(痛み)と運動障害がある患者の年齢が40歳以降である明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。
ソース元 ウィキペディア
ラベル:五十肩
posted by ヨシト at 01:56| Comment(0) | 五十肩とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マッサージは体を破壊する。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。